香典返しの選び方

香典返し

香典返しは、香典をいただいた人達にお礼として返すものです。そのため、失礼の無いよう香典返しの品物を選ぶ必要があります。香典返しの品物にかける予算は一般的に香典の半分といわれています。ただ、地域や人によっては香典にかける予算は変わってきます。香典返しはあくまで香典をいただい人に返す品物です。そのため、香典の種類によって品物を変える必要もあります。一般的に弔電のみをいただいた時は感謝状を送るといわれています。ただ、お返しが必要になる時もあるため、弔電の返礼の際には気をつけておくことが大切です。香典とお供え物を頂いた際は、その総額半分ほどの品物を用意することが一般的といわれています。どのような香典返しでも、相手の気持ちや常識の範囲内で送ることが大切です。

どのような品物を選んでいいか分からないという人は、香典返しのカタログギフトを送るのも一つの方法です。カタログギフトは、受け取った人がカタログを見て、香典返しの品物を選択できます。あらゆる種類の品物を用意しているカタログギフトもあるため、好みが分からないという相手には、そのような香典返しを送るのも一つの方法です。調理器具や、自転車、家具等の品物がカタログギフトに掲載されていることが多く、価格に合わせて、カタログギフトに掲載される商品は変わってきます。二千円から一万円ほどのカタログギフトもあるため、お返しに合わせて選ぶのも一つの方法です。カタログギフトを送る前にどのような商品が掲載されているか確かめることが大切です。